和爾下神社「祇園祭」(櫟本町)








日時:、毎年7月13日宵祭り 、14日本祭り

場所:和爾下神社ほか

交通:
 電車:JR桜井線「櫟本駅」下車。徒歩約5分。
 バス:奈良交通バス、天理駅⇔JR・近鉄奈良駅間の「櫟本」バス停下車。徒歩すぐ。

催し物:

   ・おばけ屋敷(会場:天理教櫟本分教会)
            13日・14日午後7時〜8時45分まで
   ・打ち上げ花火
            13日・14日午後8時から
   ・灯火会(会場:櫟本小学校校庭)
            13日・14日午後7時〜9時まで
   ・祇園祭演芸の夕べ(会場:おかりや広場)
            14日午後4時〜 地元の子供らによる出し物
               午後6時〜 漫談、クイズ、マジック、歌謡ステージ、歌とバルーンショー

主催:櫟本六総代会、和爾下神社氏子一同
  主管:櫟本商工連盟


【説明】
 和爾下神社はもともと、櫟本一帯を本拠地とした古代豪族、和爾氏のを祀った神社と言われています。現在の祭神は大巳貫命、素戔嗚尊、稲田姫命です。祇園祭に日は参道に多くの露天が出、地元の人たちで賑わいます。当日は花火も打ち上げられます。







和爾下神社の位置






2009年のスナップ


   

国道169号線沿いの和爾下神社鳥居と茅の輪(ここでは祇園祭に開催)


   


   


   

出店も大賑わいです


   

おかりや広場のステージ


   

櫟本小学校の校庭がはにわ灯火会の会場です

   


   

いろんな模様と透し穴をもつ現代の円筒埴輪
作者は全て小学生だそうです




ここでは校舎の屋上から望めます
上から見てびっくり なんと カニが描かれていました


   

右横に貝 そしてお腹には赤ちゃんカニが・・・


   

最後は恒例の打ち上げ花火!でした





上へ移動