「歌碑のマップ」へ     「歌碑の詳細」1へ




13.天理図書館前の顕彰碑






【場所】 杣之内町、天理大学附属天理図書館
【建立】 石上宅嗣卿顕彰会
【碑文の詠み】

石上朝臣宅嗣卿顯彰碑

石上朝臣宅嗣卿ガ奈良朝ノ晩季宝亀年間ニ方リ平城京ノ一隅ニ創立セシ芸亭院ハ我国公開図書館ノ権典トセラル卿名族ニ出デ父祖共ニ国史ニ顯ハレ且文学ノ誉アリ卿儀容閑雅経史ヲ尚ビ山水ニ親ミ詩歌ヲ能シ書道ニ達セリ和歌ハ万葉集二録セラレ詩賦ハ経国集等二存ス又仏教ヲ篤信シ其旧宅ヲ捨シテ阿?寺ヲ営ミ寺内特ニ外典ノ院ヲ置キ名ケテ芸亭ト云ヘリ好学ノ徒ハ出入シテ自由二図書ノ閲覧ヲ聴ルサレ読書ノ傍兼ネテ塵世ヲ超越シテ修養ノ静境タラシム恵沢ヲ被ムリテ著ハレシ者ニ賀陽豊年等アリ惟フニ金沢氏ノ文庫設立ヲ遡ルコト約五百年而モ卿ガ徒二典籍ヲ収蔵スルニ止メズ弘ク之ヲ公衆ニ開放シテ利用ヲ奨メタル一事ハ近代以前殆之ヲ見ル能ハザル所ニ属シ真二本邦上世文化史上ノ異彩ト称スベク且東西図書館史上ニ特筆スルニ足レリ惜ムラクハ人去ッテ跡穢レ存立僅ニ数十年ニ至ラズ平安朝初期以降其院廃スルコト既二久シク遺址ノ明ニ究メ難キヲ憾メリ是ニ於テカ芸亭ヲ表彰セムト欲スル者仮二石上氏発祥ノ地ヲ選ビテ碑ヲ建テ宅嗣卿敬仰ノ意ヲ致サムトスル亦止ムヲ得ザルニ出ヅ按ズルニ石上氏ハ神別物部姓ノ流ヲ汲ミ饒速日尊ノ後裔宇麻志摩治命ヲ祖トシ古ク石上神宮ノ西辺ニ住シキ今其旧跡ヲ察スルニ天理図書館新営ノ処ヲ隔ツルコト遠カラザルニ似タリ卿此土ニ起リテ官ハ大納言兼式部卿ニ上リ晩年桓武天皇東宮二在ハシシ頃其伝タリ位ハ正三位ニ進ミ天応元年六月薨ゼシ時詔シテ正ニ位ヲ贈ラレヌ即今茲昭和五年ヲ去ルコト殆千百五十年前トス蓋其生誕天平元年ヨリ算スレバ本年ハ正ニ千二百年二当レリ是ヲ以テ本県図書館ノ従事者愛護者等相共ニ首唱シ広ク之ヲ遠近各地図書館員並ニ日本図書館協会ニ計リ協心戮力芸亭記念ノ業ヲ企テ以テ卿ノ徳沢ヲ鑽仰セムトス而シテ首唱者撰碑ノ事ヲ予ニ嘱セリ予詞章二嫻ハズト雖卿ヲ欽慕スルコト甚深シ乃通俗ノ一文ヲ草シテ普及ニ便ニス
皇紀二千五百九十年八月 京都帝国大学図書館長 文学博士 新村出撰文
                 寧楽             史邑    辻本勝己書
                                   (碑の前面)


                    昭和五年十月十八日
                    石上宅嗣卿顕彰会建立 (碑の背面)




14.石上神宮南側の文学碑



さてはあれて 人はふりにし
やどなれや
庭もまがきも 秋ののらなる


【場所】 杣之内町、山の辺の道沿い
【作者】 僧正遍昭
【出典】 『古今和歌集』巻第四、秋歌上
【碑文の詠み】

 さとはあれて 人はふりにし やどなれや
  庭もまがきも 秋ののらなる


【碑文の意味】

 里は荒れており、家の女主人(遍昭の母)も年老いてしまった住まいだからなのでしょう。庭と言わず、垣根といわず、一面に秋の野良でございます。




15.内山永久寺跡の句碑



うち山の
 とざましらずの
  花ざかり
     宗房


【場所】 杣之内町、内山永久寺跡
【作者】 松尾芭蕉
【出典】 『大和順礼』
【碑文の詠み】

    うち山や
    とざましらずの
    花ざかり
            宗房

【碑文の意味】

「句碑横の説明板より」

 今、内山永久寺に参拝してみると、見事なまでに満開の桜でうめつくされている。
土地の人々はこの桜の花盛りをよく知っているのであろうが、外様(よその土地の人々)は知るよしもない。

 松尾芭蕉が江戸へ上る以前、まだ出生地の伊賀上野に住んで「宗房」と号していた頃の作品である。いつの頃かにこの地を訪れて作られたか、明らかではないが寛文十年(1670年)六月頃刊行の『大和順礼』(岡村正辰編)に収められているところから、この年以前、すなわち23か24才の頃までに詠まれたものであろう。【一部訂正】




16.白山神社北側の文学碑



 月待ちて
嶺こへけりと聞くままに
あれはよふかき
 はつかれりの声
       十市遠忠


【場所】 園原町、山の辺の道沿い
【作者】 十市遠忠
【出典】 十市遠忠「布留法楽三十首」中 月前雁
【碑文の詠み】

  月待ちて 嶺こへけりと 聞くままに
   あはれよふかき はつかりの声

【碑文の意味】

 月の出をまって、あの嶺を越えてきたんだなぁ。ああ、この夜更けに初雁の声がしているよ。 




17.夜都伎神社前の歌碑



山の辺の道ははるけく
 野路の上に
乙木の鳥居
 朱に立つ見ゆ
       東畝


【場所】 乙木町、山の辺の道沿い
【作者】 廣瀬東畝
【出典】 不明
【碑文の詠み】

  山の辺の道ははるけく
    野路の上に
  乙木[おとぎ]の鳥居
    朱[あけ]に立つ見ゆ
             東畝

【解説】
 廣瀬東畝:高知県高岡郡佐川村出身。通称を済。字は公美。別号に心菴・沓雲山房等。初め南画を天野痩石に学び、燕石(えんせき)と号す。
 1898(M31)24歳のときに上京して荒木寛畝(16-1-15)に日本画を学ぶ。文展入賞6回、その作品は数回宮内省に買い上げられた。1927(S2)「池畔」、'29「深山の朝」は、帝展無鑑査となった。また東京高等工業学校教授などを歴任し、土陽美術会本部会員でもあった。花鳥画をもっとも得意とし、優雅、佳麗な作風であった。享年56歳。『高知県人名事典』<森光俊様からの情報提供>




18.三昧田町上街道沿いの句碑








草臥れて
 宿かる比や
  藤の花


【場所】 三昧田町、上街道沿い
【作者】 松尾芭蕉
【出典】 『笈の小文』
【碑文の詠み】

   草臥(くたび)れて
   宿(やど)かる比(ころ)や
   藤(ふじ)の花(はな)


【碑文の意味】

 歩きくたびれて、そろそろ宿を借りなければと思っていたところ、ある家の門辺に、夕暮れの色にまぎれず紫色の藤の花が咲いている。
 それが旅にあるもののわびしい心にしみいるばかりであった。
「句碑横の説明板より」

 「歩きくたびれて、そろそろ宿を借りなければと思っていたところ、ある家の門辺に、夕暮れの色にまぎれず紫色の藤の花が咲いている。それが旅にあるもののわびしい心にしみいるばかりであった」と、暮春の旅情が詠まれている。
 貞享(じょうきょう)4年(1687年)江戸を発ってふるさと、伊賀で越年した芭蕉は、行く年3月、弟子の杜国(とこく)と共に吉野、高野、、紀伊、大和、須磨、明石を巡って、京へ入った。この6ヶ月間の旅を綴ったのが「笈(おい)の小文(こぶみ)」で、この句はここに収められている。
 道中、芭蕉と杜国が連名で旧友に送った手紙によると、当地では在原寺、石上神宮に詣でた後、桃尾の滝にも足を延ばし、「・・・丹波市、やぎと云処、耳なし山の東に泊まる。“ほととぎす 宿かる比(ころ)の 藤の花 (下略)”」とある。この句が初案だったのを、“草臥れて 宿かる比や”と詠歎的表現に改め、余情深い現行の句ができたと言われている。
 なお、この句碑は、文化十一年(1814年)の春、三輪山下芝邨(したしばむら)風来庵雪酔(ふうらいあんせっすい)によって建立された。
上へ移動




19.長柄運動公園内の歌碑



飛鳥の 明日香の里を
 置きて去なば
君があたりは
 見えずかもあらむ


【場所】 西長柄町、長柄体育館内
【作者】 元明天皇
【出典】 『万葉集』巻一、七八番
【碑文の詠み】

 飛鳥(とぶとり)の 明日香(あすか)の里(さと)を 置(お)きて去(い)なば
 君(きみ)があたりは見(み)えずかもあらむ

【碑文の意味】

 明日香の里を離れて北の方の奈良の都へ去っていくが、行ってしまったならば、懐かしい君の住むあたりはもはや見えないことであろうなぁ。




20.萱生環濠集落北側の歌碑



あしひきの 山川の瀬の
 響るなべに
弓月が嶽に 雲立ち渡る


【場所】 萱生町、山の辺の道沿い
【作者】 柿本人麻呂
【出典】 『万葉集』巻七、一〇八八番
【碑文の詠み】

 あしひきの 山川の瀬の 響るなべに
  弓月が嶽に 雲立ち渡る

【碑文の意味】

 山川の瀬の音高く響き流れるとともに、弓月が岳には一面に雲がわき立っている。




21.中山大塚古墳南側の歌碑



衾道を
 引手の山に
妹を置きて
 山路を行けば
  生けりともなし


【場所】 中山町、山の辺の道沿い
【作者】 柿本人麻呂
【出典】 『万葉集』巻二、二一二番
【碑文の詠み】

 衾道(ふすまぢ)を 引手(ひきて)の山(やま)に 妹(いも)を置きて
 山路(やまぢ)を行(い)けば 生(い)けりともなし

【碑文の意味】

 引き手の山に妻の屍を葬っておいて山路を帰ってくると悲しくて生きた心地もしない。




22.トレイルセンターの文学碑



  述懐

天の下 おさまる時を
 朝夕の
月にも日にも 先いのる哉


【場所】 柳本町、天理市トレイルセンター
【作者】 十市遠忠
【出典】 『百番自歌合』
【碑文の詠み】

  述懐

   天の下 おさまる時を 朝夕の
   月にも日にも 先いのる哉


【碑文の意味】

 思いを述べる。
 数々の合戦に出陣してきた遠忠にとって、平和は心からの願いであった。朝夕の月にも日にもまず祈るかなと、その心境を吐露した歌である。




23.崇神天皇陵南側の歌碑



玉かぎる 夕さり来れば
 猟人の
弓月が嶽に 霞たなびく


【場所】 柳本町、山の辺の道沿い
【作者】 不詳(柿本人麻呂?)
【出典】 『万葉集』巻十、一八一六番
【碑文の詠み】

   玉かぎる 夕さり来れば 猟人の
   弓月が嶽に 霞たなびく

【碑文の意味】

 夕方になってくると、弓月が岳に霞がたなびいているよ。

※ 「作者不詳」となっていますが、『万葉集』巻十の冒頭より本歌を含む七首の後に「右 柿本朝臣人麻呂集出」とあるので柿本人麻呂の作として良いとする研究者もいます。




24.景行天皇陵北側の歌碑



二古陵に
 一人の衛士や
  ほととぎす
    無涯子


【場所】 柳本町、山の辺の道沿い
【作者】 武田無涯子
【出典】 不明
【碑文の詠み】

   二古陵(にごりょう)
   一人の衛士(えじ)や
   ほととぎす
         無涯子

【解説】

※作者は明治の俳人で桜井市生まれ。「二古陵」は「景行天皇陵」と「崇神天皇陵」を指すようです。




上へ移動
「歌碑のマップ」へ                        「歌碑の詳細」1へ