北部エリア
石上大塚古墳
(いそのかみおおつかこふん)

― ウワナリ塚古墳と双璧をなす前方後円墳 ―



タンク左側の竹林が古墳



破壊された玄室奧から羨道部を見たようす



横穴式石室内に残る大きな側石

 石上神宮から山の辺の道(北)ルートを北へ進み、豊田城跡を過ぎると大きな名阪国道天理東インターへ向かう二車線の道にでます。ハイキングルートはしばらくすると左へ分離し、花菖蒲園を過ぎて山道へ入り、竹林に至ります。さらに進むと左へ直角に曲がる地点に至りますが、この地点の手前左側に古墳は所在します。

 周囲は竹林で、ハイキングルートは古墳の周濠の外堤になります。また、東隣の尾根にはウワナリ塚古墳が所在します。

 全長約107m、前方部幅82m、後円部径67m、後円部も前方部も高さ約14mを測る前方後円墳です。埋葬施設は前方部にある横穴式石室ですが、上部は後世に破壊され、一段目の側石だけが残っています。
 墳丘は二段築成で、周濠と外堤もしっかり残っています。また、葺石も数箇所で確認されており、墳丘全体を覆っていたものと考えられています。
 確認された遺物が少なく、築造された時期ははっきりしませんが、6世紀中頃から後半(古墳時代後期中頃から後半)で、ウワナリ塚古墳より若干遅れて造られた古墳と考えられています。
 遺物として、凝灰岩製の石棺片が出土しています。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成」

 山の辺の道(北)ルート沿いに所在しますので、是非、見学して欲しい古墳です。ただし、春から秋にかけては、蛇など危険な動物がいるので、冬場の見学をお勧めします。


 ハイキングエリア : 「山の辺の道(北)コース」
 所在地 : 石上町平尾
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し