北部エリア
東大寺山古墳
(とうだいじやまこふん)

― 中国の年号銘を象嵌した大刀が出土した古墳 ―



西側から見た東大寺山古墳(竹林)



古墳への登り口と説明板
(天理教城法大教会の敷地内)




古墳の現状は竹林(東から)



埋葬施設跡は一段下がっています(中央)

 JR櫟本駅から東へ進むと国道169号線に出ます。信号を渡って国道沿いを左(北側)へ60m程進むと、派出所のある交差点に至ります。ここを右(東側)へ曲がると天理教城法(しきのり)大教会の門が遠くに見えます。東大寺山古墳はこの大教会の奧に所在します。見学の際は、大教会の方に声をかけて見せて貰いましょう。

 古墳は名阪国道に沿う北側の東大寺山丘陵西端に所在します。古墳の現状は竹林です。墳頂までは教会の方によって竹製の階段や手すりが設けられており、容易に行くことができます。

 古墳は4世紀末から5世紀初頭(古墳時代前期後半から中期初頭)に造られた前方後円墳です。規模は全長約140m、後円部径約84m、高さ約10mを測ります。
 この地域では最も古く、そして最も大きな古墳で、「ワニ」氏の有力者が葬られた古墳と考えられています。
 昭和36(1961)年、天理大学による発掘調査で埋葬施設が見つかりました。埋葬施設は盗掘を受けていましたが、残った部分や周囲から、家形の飾りを付けた環頭大刀・金象嵌が施された大刀・剣・刀・槍・勾玉・鍬形石(くわがたいし)・車輪石(しゃりんせき)など多数の遺物が出土しました。
 これらの品々は現在、重要文化財に指定され、東京国立博物館に所蔵されています。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成」

 出土遺物の中で特に注目されるものに、金象嵌の大刀があります。
 この刀には背に24文字の銘文があり、「中平口年五月丙午造作(支)(刀)百練清剛上応星宿(下)(辟)(不)(祥)」(口は文字不明、かっこ内は推定)の文字が金で象嵌されています。「中平」とは中国、後漢末の年号(紀元184〜188年)です。銘文から「中平」年間のいずれかの年に、中国で作られた刀であることが判りました。
 この頃の日本は卑弥呼が王に擁立され、邪馬台国を治めていた時代です。
 中国で作られたこの大刀は、卑弥呼の時代に日本へもたらされ、そして200年後にこの古墳に副葬されたものと考えられます。
 渡来後、しばらくは大切に扱われたはずですが、埋葬時はそうではなかったようで、多くの鉄刀と共に副葬されていました。
 渡来から副葬に至るまでこの大刀がどう扱われたのか、邪馬台国と大和王権、そしてワニ氏との関係も含めて、大変、興味の持たれるところです。


 ハイキングエリア : 「はにわの里コース」
 所在地 : 櫟本町高塚
 駐車場 : 天理教城法大教会の敷地内に有り
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し