北部エリア
ウワナリ塚古墳
(うわなりづかこふん)

― 古墳時代後期の前方後円墳 ―
 


全景(果樹園の上が後円部)



右の果樹園は前方部、左の林は後円部



横穴式石室

 名阪国道、天理東インターの側道を西へ約300m進むと高架下から南へ延びる道と交わります。この道を南へ進み、50m程先で左へ折れます。この道は果樹園(ぶどう畑)に向かっているのですが、ぶどう畑の高い所がウワナリ塚古墳の前方部となっています。その奥でこんもりしている雑木林は後円部にあたります。

 石上神宮から延びる山の辺の道(北)コースが石上大塚古墳の北東隅で西に直角に曲がりますが、この東側が古墳の前方部にあたります。古墳の周囲は雑木林と果樹園(ぶどう畑)になっています。

 全長約128m、後円部径約68m、後円部の高さ約16mを測る前方後円墳です。後円部には花崗岩の巨石で築いた、長さ10.35mの横穴式石室が残っています。
 調査が行われておらず、築造時期は不明ですが、墳丘の形態や石室の構造から、石上大塚古墳に先行する6世紀中頃から後半(古墳時代後期中頃から後半)の時期が考えられています。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成」

 前方部が果樹園になっているので一見、円墳のような印象を受けます。横穴式石室は壊れておらず、石室内に土砂が入り込んでいますが、しっかりとした造りを見ることができます。ただし、あまり人の通らない所ですので、地理に詳しい方と同行されることをお勧めします。


 ハイキングエリア : 「山の辺の道(北)コース」
 所在地 : 石上町平尾
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し