南部エリア
馬口山古墳
(ばぐちやまこふん)

― 上街道沿いに所在する古い前方後円墳 ―



南西から見た古墳の全景



上街道から見た古墳の姿



 上街道ルート沿いに所在し、大和神社の参道入口からすぐ北側に位置します。

 古墳と大和神社の参道との間には池があり、上街道沿いには家が建ち並んでいます。古墳は民有地となっており、登ることはできません。墳丘への立ち入りはご遠慮下さい。

 主軸を南北方向にとる前方後円墳です。前方部の南には池があります。
 墳丘は畑や果樹園開墾で改変されていますが、概ね古墳の形は保たれています。規模は全長約110m、後円部径約62m、後円部の高さ約12m、前方部幅52m、前方部の高さ約8mを測ります。
 墳丘上から特殊器台型埴輪が採取されており、3世紀後半から4世紀前半(古墳時代前期前半)に築造された、最も古い古墳の一つと考えられています。
 また、後円部で板石が採集され、埋葬施設は竪穴式石室と推定されています。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成」

 あまり著名ではありませんが、最も古いタイプの埴輪が採集されています。


 ハイキングエリア : 「上街道コース」
 所在地 : 兵庫町字馬口山
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し