南部エリア
藤の棚
(ふじのたな)

― 俳聖 松尾芭蕉が詠んだ藤 ―



道から見た藤棚



石碑と説明版



藤の花

 上街道コース沿いに所在します。大和神社から上街道を北へ進むと三昧田の集落を抜けた所で西向きに直角に曲がります。約200m程進むと右(北側)へ緩くカーブします。このカーブする地点に藤棚は所在します。

 集落の南端に位置します。この集落は一つの集落のように見えますが、実は三昧田町と福知堂町に細かく別れていて、藤棚のある場所は福知堂町に属しています。

 貞享4年(1687年)10月に江戸を発ち、故郷、伊賀上野で越年した松尾芭蕉は、翌年の3月、門下の杜国(とこく・万菊丸)を同道して、吉野、高野、紀伊、大和、須磨、明石を巡り、4月下旬に京に入りました。
 この半年間の旅を綴ったのが「笈(おい)の小文」です。その中には「大和紀行」と呼ばれる部分があり、この地で詠んだ「草臥(くたび)れて 宿かる比(ころ)や 藤の花」の句が載っています。
 奈良から在原寺、桃尾の滝、石上神社、内山永久寺を見物し、上街道を八木へ向かう途中のことでした。
 地元では、休憩場所に藤の花が咲きこぼれているのを見て、旅の疲れを癒され、この句が詠まれたと伝えられています。

 現在、その場所には、句碑や藤棚が設けられ、地元、福知堂町の人々によって大切に維持されています。


 ハイキングエリア : 「上街道コース
 所在地 : 福知堂町
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 有り
 トイレ : 無し