南部エリア
伊射奈岐神社
(いざなぎじんじゃ)

― 古墳の上に建つ神社 ―



正面(西側)の鳥居



拝殿



国道169号線沿い(東側)の鳥居

 JR柳本駅から東へ約700m歩くと国道169号線に出ます。ここで右(南)に折れ、約150m進むと道沿いに神社東側の鳥居が見えてきます。

 柳本町の集落南東部に位置します。北側は集落で南には水田が広がり、神社の東側は国道169号線が南北に延びています。

 崇神天皇陵西側の天神山古墳西側に鎮座します。本来は東方の「ノゾキ」と称するところにあったそうです。
 創祀は不明ですが、『三大実録』に「貞観元(859)年正月二十七日従五位下から従五位上に叙せられ・・・」とあり、古来に成立した歴史ある神社のようですが、資料が散逸しており、詳しいことはわかりません。中世には天神社と称されて、柳本地域の信仰の中心となり、江戸時代には柳本藩の藩社になりました。
 また、境内には他に厳島、秋葉、春日、八坂、建勲、事代主、琴平、稲荷、太神宮の諸社があります。

 「伊射奈岐」の名を冠する神社は近辺にいくつかありますが、その中では最も大きな神社です。
 場所的にも歴史の古さを感じますが、資料が散逸しているため由緒や歴史が判らないのは、大変、残念なことです。


 ハイキングエリア : 「卑弥呼の里コース」
 所在地 : 柳本町天神山
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 無し
 トイレ : 有り