南部エリア
景行天皇陵(渋谷向山古墳)  
(けいこうてんのうりょう:しぶたにむこうやまこふん)

― 景行天皇の墓 ―



南から見た古墳



西側にある拝所



東から見た北側の周濠と墳丘



西から見た北側の周濠と墳丘

 桜井市との境に所在します。崇神天皇陵から山の辺の道(南)コースを南へ約700m進むと、景行天皇陵の東側にたどり着きます

 春日断層崖から盆地部へ伸びる丘陵の一つに造られた古墳で、周囲には水田が広がっています。また、古墳の西側には国道169号線が通っており、拝所は国道沿いに拝所があります。

 この古墳は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の父と伝えられる第12代景行天皇の陵墓とされ、「景行天皇山辺道上陵(けいこうてんのうやまべのみちのへのみささぎ)」として宮内庁が管理しています。
 地区の名を取って「渋谷向山(しぶたにむこうやま)古墳」とも呼ばれています。
 古墳は等高線の乱れが少なく、崇神天皇陵のように大きな改変を受けていません。また、周濠も幅が狭く、築造時の姿を良くとどめているとされ、周濠と周濠を仕切る土手の調査では、築造時の葺石が確認されています。
 全長約300m、後円部径約168m、後円部の高さ約25m、前方部幅約17m、前方部の高さ約23mを測り、前方部はほぼ西を向き、周りには濠が巡っています。埋葬施設は不明です。
 年代は、これまでに出土した土器から4世紀後半(古墳時代前期後半)とされています。崇神天皇陵に続いて造られた大王の墓で、 前方後円墳、円墳、方墳、各1基の陪塚(ばいちょう)を持ち、4世紀の古墳としてはわが国で最大規模の古墳です。
 遺物は埴輪や土器などしか見つかっていませんが、伝世品として関西大学が所藏する石枕があります。1864年の出土とされ、大王の頭部を飾るのにふさわしい優品です。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成」

 南から見る古墳の雄姿はすばらしく、山の辺の道(南)ルートを歩かれると、その魅力を感じることができるでしょう。


 ハイキングエリア : 「山の辺の道(南)コース」
 所在地 : 渋谷町字向山
 駐車場 : 有り(宮内庁管理)
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し