南部エリア
中山大塚古墳
(なかやまおおつかこふん)


― 墳丘西側を山の辺の道(南)ルートが通る古墳 ―



南西方向から見た古墳の全景



南から見た古墳



墳丘部へ入る道(南東端)



植木による主体部の復原表示

 山の辺の道(南)ルート沿いにあり、念仏寺の南側に所在します。古墳の南端は大和神社の御旅所となっており、大和稚宮神社があります。 

 古墳の南側にはトイレや広場があり、ハイカーの皆さんの休憩所となっています。また、南側の坂を下りた道沿いに、柿本人麻呂の歌碑が建てられています。

 龍王山から延びる丘陵裾に築かれた前方後円墳です。現在は大和神社の社地となっており、御旅所のある前方部南端は少し削られて崖になっています。1977年の測量により、全長約130m、後円部径約67m、後円部の高さ11.3m、前方部幅約56m、前方部の高さ10.5mと判りました。
 墳丘上で特殊器台の破片が見つかっており、古墳時代初期の古墳として古くから注目されていました。
 1993〜1994年には後円部の埋葬施設が調査されています。中世の山城築城で大きく改変されていましたが、長さ約12.7m、幅約17mの墓壙内に、内法で長さ7.5m、幅1.4m、深さ約2mの縦穴式石室が見つかりました。
 石室内は残念ながらすでに盗掘を受けていましたが、槍、刀、剣、鉄鏃など約40点の破片と銅鏡の破片が出土しました。
 築造された時期は4世紀前半(古墳時代前期前半)と見られています。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成」

 埋葬施設があった墳丘上には、現在、樹木を植えて墓壙と石室の場所が表示されています。
 墳丘部はそれほど険しくないので、時間のある方は登ってみてください。
 ただし、虫や蛇などがいますので、冬場のみが無難です。


 ハイキングエリア : 「山の辺の道(南)コース」
 所在地 : 中山町
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 有り
 トイレ : 有り