南部エリア
衾田陵(西殿塚古墳)
(ふすまだりょう・にしとのづかこふん)

― 箸墓に次ぐ古い古墳 ―



遠景



近景



拝所へ行く道



拝所

 山の辺の道(南)ルート沿いに所在します。北から萱生の集落を抜け、左前方(南東部)を見ると、大きな森が見えてきます。これが西殿塚古墳です。宮内庁の管理する陵墓に指定されており、古墳の南側に拝所があります。

 古墳の周辺は果樹園で、東側には一回り小さな東殿塚古墳が並ぶように所在しています。

 宮内庁が「衾田陵」に比定している古墳です。丘陵の高い場所に造られた古墳で、拝所からは奈良盆地を一望することができます。
 古墳の規模は全長約230m、後円部径145m、高さ約16m、前方部幅130m、東側墳裾からの高さ11.3mあり、萱生地域では最大の前方後円墳です。
 陵墓として管理されているため、埋葬施設は確認されていませんが、竪穴式石室と考えられています。
 被葬者は継体天皇の皇后、手白香皇女(たしらかのひめみこ)の陵墓「手白香皇女衾田陵(たしらかのひめみこふすまだのみささぎ)」とされていますが、古墳の型式としては古く、箸墓の次に造された古墳と考えられています。築造された時期は古墳時代前期前半(遅くとも4世紀前半)です。
 5世紀末から6世紀初頭に生きた手白香皇女の墓は、萱生集落の西側(西殿塚古墳から北西約500m)に所在する、西山塚古墳(6世紀初頭)が最も有力視されています。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成」

 山の辺の道(南)コースから全体を見ることができます。大きな森のような迫力には圧倒されます。盆地の景色と共に山側の景色もお楽しみください。


 ハイキングエリア : 「山の辺の道(南)コース」
 所在地 : 萱生町・中山町
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し