南部エリア


専行院

― 織田家の菩提寺 ―


正面の門



池の後に建つ本堂など



織田家ゆかりの墓

 黒塚古墳の約150m南、上街道と伊射奈岐神社の間に所在します。
 伊射奈岐神社の北側に国道169号線から西へ延びる道があり、そこから西へ約300m進みます。

 柳本の集落の南端にあり、南側は水田が広がっています。

 縁起については資料が残っていません。鐘銘には天文年中(1531〜1553)に円誉(賢公)上人が開山したとあります。また、天正12(1584)年に地元の豪族である、楊元範宣の本願により開基したとも伝えられています。
 柳本は、慶長5(1600)年、織田信長の弟で茶人としても知られた織田有楽斎(ゆうらくさい)の知行地となり、さらに元和元(1615)年、有楽斎の五男尚長(ひさなが)が入部して、柳本織田藩が始まります。
 専行院は、尚長の入部により、織田氏の菩提寺となりました。現在も有楽斎・尚長をはじめ歴代藩主の墓が残っています。
 また東堂の東方には織田家の位牌堂があり、信長、有楽斎をはじめ柳本藩主、生母、奥方を含む34柱の霊位が奉安されています。
 ちなみに東京・有楽町の名は、有楽斎が数寄屋橋御門の周辺に屋敷を拝領したことに由来します。

 専行院は柳本1万石の菩提寺です。柳本織田家の藩主の墓が残っているので、一度は尋ねて下さい。


 ハイキングエリア : 「卑弥呼の里コース」
 所在地 : 柳本町寺垣内
 駐車場 : 有り
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し