南部エリア
下池山古墳
(しもいけやまこふん)

― 37cmの内行花文鏡が出土した古墳 ―



南南西から見た古墳



墳丘南端から見たようす



墳丘北側から見たようす



後円部の墳丘


 萱生集落の南西側に所在します。山の辺の道(南)ルートを南下し、萱生の集落を抜けて西を見ると、約200m先に見えてきます。

 春日断層崖から盆地へ延びる丘陵の一つに立地し、同じ丘陵の東約450mには西殿塚古墳が所在します。古墳の周りには水田と果樹園が広がっています。

 下池山古墳は東側の東殿塚古墳、西殿塚古墳と同じ丘陵の西端に位置し、主軸は両古墳と同じ南北方向です。墳形は前方後方墳で、この地域では少数派の墳形です。
 古墳の南側には溜池が広がり、北側と東側には周濠の痕跡を示す水田や溜池があります。墳丘規模は現状で全長約120m、後方部長約60m、後方部幅57m、後方部の高さ約14m、前方部長約60m、前方部の幅27m、前方部の高さ約6mを測ります。
 平成7(1995)年と8(1996)年に調査が行われ、後方部で埋葬施設が見つかりました。内法の長さ6.8m、幅0.9〜1.3m、高さ1.8m前後の合掌形をする竪穴式石室で、内部には全長約6mのコウヤマキ製の割竹形木棺や、鉄製品などが納められていました。
 また、石室の北西側で小石室が見つかり、直径37cmもある大形の内行花文鏡が一面出土しています。
 築造された年代は4世紀前半(古墳時代前期前半)と考えられています。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成

 墳丘はやや傾斜が急で、当時からそれほど崩れていないものと見られます。
 また、墳頂部では耕作が行われておらず、盆地を眺めるのには絶好の場所です。ただし、蛇などがいるので晩秋から冬の間がお勧めです。


 ハイキングエリア : 「山の辺の道(南)コース」
 所在地 : 成願寺町字川下り
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し