南部エリア
崇神天皇陵(行燈山古墳)
(すじんてんのうりょう・あんどんやまこふん)

― 崇神天皇の墓と伝えられる古墳 ―



龍王山から見た古墳



拝所と古墳



南東から見た後円部



古墳と外堤の間を巡る周濠

 JR柳本駅から東へ約600m行くと、国道169号線にでます。交差点を渡り、右(南側)へ進むとすぐに古墳の拝所に至ります。

 古墳は龍王山麓から西へ伸びる丘陵を利用して造られており、周囲には濠が巡っています。古墳の西側には陪塚(ばいちょう・主人の墓に伴う従者の墓)が3基あります。

 大和朝廷の創始者とされる第10代天皇、崇神天皇の陵墓「山辺道勾岡上陵(やまのべのみちのまがりのおかのうえのみささぎ)」として陵墓に指定され、宮内庁が管理しています。
 地域の名を取って「行燈山(あんどんやま)古墳」とも呼ばれています。
 周濠に沿う緑が美しく、展望も良いことから、山の辺の道を歩く人達にとって、絶好の休憩場所として親しまれています。
 古墳は全長約242m、後円部径約158m、口縁部の高さ約31m、前方部の幅約100m、前方部の高さ約13.6m、周濠を含めた全長は約360m、最大幅約230mの巨大な前方後円墳です。築造された年代は4世紀後半(古墳時代前期後半)の早い時期と推測されています。
 埋葬施設は不明ですが、昔の絵図には後円部墳頂に南北方向の盗掘跡と見られる掘り込みが描かれており、掘り込みのようすから竪穴式石室と考えられています。
 遺物は周濠から銅板、金銀細工品、土器などが出土しています。
銅板は縦54cm、横71cmほどの長方形で、採られた拓本には表面に内行花文鏡に似た文様、裏面に四区画に分けた文様が陽刻されています。鏡に関係した銅製品と考えられますが、他に例が無く、用途は不明です。
 また、この古墳は大王墓にふさわしく、3基の陪塚を伴っています。南アンド古墳(全長65m)、アンド山古墳(全長120m)、天神山古墳(103m)です。全て前方後円墳で、地方では豪族クラスの規模を誇ります。
 参考文献:奈良県立橿原考古学研究所編 2001 「大和前方後円墳集成」

 天皇陵として管理されているため、中へ入ることはできませんが、周囲を巡るだけでも埋葬された人物の権力の大きさを感じることができます。
 写真スポットも多いので、ここではゆっくりと滞在時間をとってください。


 ハイキングエリア :
     「山の辺の道(南)コース」
     「卑弥呼の里コース」
 所在地 : 櫟本町字行燈
 駐車場 : 有り(宮内庁管理)
 休憩所 : 無し
 トイレ : 有り(宮内庁管理)