南部エリア
竹之内・萱生の環濠集落
(たけのうち・かようのかんごうしゅうらく)

― 奈良盆地内で最も高い場所に造られた環濠集落 ―



竹之内町の環濠(南から)



同じく竹之内町の環濠(北から)



萱生町の環濠(南から)

 竹之内環濠集落も萱生環濠集落も山の辺の道(南)コース沿いに所在します。北側に竹之内集落、南側に萱生集落が所在しています。

 奈良盆地の東麓、標高約100mの高さに位置し、盆地内では最も高所に造られた環濠集落です。

 環濠集落とは、外敵から身を守るため周りに濠を巡らせた集落のことで、その始まりは室町時代に遡ると言われています。
 大和でも室町時代の戦国期に動乱を受け、自衛の手段として集落の周囲仁濠が設けられました。盆地に所在する集落の多くは、鎌倉・室町時代から続くものが多く、その大半が環濠で囲まれていたと考えられています。
 市内でも、南六条、備前、南菅田、庵治、別所などで今でも環濠の痕跡が認められます。

 竹之内町では山の辺の道の東側で環濠を見ることができます。
 萱生町では山の辺の道沿いで一部を見ることができます。


 ハイキングエリア : 「山の辺の道・南コース
 所在地 : 竹之内町、萱生町
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 有り(竹之内町)
 トイレ : 有り(竹之内町)




竹之内環濠集落の位置 



萱生環濠集落の位置