東部エリア
大国見山

― 奈良盆地の北半分を見渡せる山 ―



頂上の標識



烽火台に使われたとされる岩



山頂から見た盆地


 「大国見山展望コース」の最終地点です。市北部の岩屋町から登るルート(JR天理駅から約7.8q)、石上神宮を東へ進み桃尾の滝から登るルート(JR天理駅から約6.3q)の二つがあります。 

 岩屋町からのルートと桃尾の滝からのルートが合流する地点までの周囲は笹や下草が中心ですが、そこから先のルートは杉林です。根が地面から盛り上がっている場所があるので、足を取られないよう注意して下さい。頂上付近は雜木林になっています。

 春日断層崖に連なる山の一つで、市北部に位置します。標高は498mで、三角形の山容が、大変、美しい山です。頂上付近には祭祀が行われた磐座(いわくら)の跡と見られる巨石が重なり、山頂には「御山大神」と刻まれた石と小さな祠が祀られています。
 また、烽火(のろし)に使ったといわれる岩もあり、上部の中央には油を溜めたと見られる窪みがあります。

 山頂からは盆地の北半を見ることができます。晴れた日は遠く木津川まで一望できていましたが、現在は樹木が育ち、見える範囲が狭くなってきました。
 岩屋町からのルートと桃尾の滝からのルートが合流する地点を過ぎると、杉の根が多くなり、道も険しくなります。休憩をとりながらゆっくり登りましょう。


 ハイキングエリア : 「大国見山展望コース」
 所在地 : 滝本町、長滝町
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 有り
 トイレ : 無し