改訂「天理市史」より

石上神宮の場所(布留町布留山)

 祭神 布都御魂(ふつのみたま)神 布留御魂(ふるみたま)神 布都斯御魂(ふつしみたま)神
 配祀 宇摩志麻治(うましまじ)命 五十瓊敷(いにしき)命 白河天皇 市川臣
 主祭神の布都御魂神は、また佐土(さじ)布都神ともいい、神代に武甕雷神がおびていた霊剣で、平国之剣(くにむけのたち)ともいわれる。「記紀」によれば、神武天皇御東征の時に天降られ、邪神を破り、国々を平定された威徳により、物部氏の遠祖、宇摩志麻治命をして、宮中に奉斎された。
 のち崇神天皇七年、物部の伊香色雄命が大臣の職にあった時、詔により天社(あまつやしろ)、国社(くにつやしろ)を定めて八百万神を祀らしめられて、布都御魂神と共に石上の高庭の地に祀られ、石上大神と称えたのが、石上神宮の創めである。


● 石上神宮について

 物部氏が累代奉仕の任務につき、素盞鳴尊が八岐大蛇を退治された天羽斬剣(あめのはばきりのつるぎ)も祀られ、我が国の霊剣は草薙剣(くさなぎのつるぎ)を除き当宮に祀られることになった。ついで五十瓊敷命が剣一千口を作り神庫(ほくら)に納め、さらに丹波国桑田村の人甕襲(みかそ)が八尺瓊(やさかにの)勾玉を献じ(「日本書記」垂仁天皇87年の条)「釈日本紀」に引く天書には、天日槍(あめのひぼこ)の所来の神宝も納められ「神宮」の称号と共に古代史上独歩の地位をしめていた。下って平安時代末期にいたり、白河天皇の尊信あつく、永保元年(1081)鎮魂祭のために、宮中三殿の一つ、神嘉殿を拝殿に寄進され、神門を改めて、今日の機構に築造され、寛治6年(1092)上皇として親しく神宮に参詣された。
 本社の称号は石上神宮・石上振神宮・石上布都御魂神社・石上布都大神・石上神社などと称され、また岩上大明神・布留大明神ともいわれ、略して布留社・石上社とも呼ばれた。
 延喜式神明帳には、石上坐布都魂神社と見え、早くから官幣に預ったが、明治4年に改めて官幣大社に列し、同16年に、神宮号の復称が許された。
 例祭並びに渡御祭は10月15日で、神剣渡御祭(でんでん祭)6月30日、榜示浚・鎮魂祭・玉の緒祭などの神事が古来から行なわれている。


石上神宮拝殿(国宝)棟札六枚付

 永保元年(1081)白河天皇が鎮魂祭のために宮中の神嘉殿を移建せられたものと伝えられ、その構造は壮重雄健で全国に現存する拝殿では最古のものである。文明2年(1470)貞享元年(1684)享保18年(1733)元文5年(1740)寛政10年(1798)安政6年(1859)の修復、上葺等による棟札六枚と共に国宝に指定されている。

石上神宮摂社出雲建雄神社拝殿(国宝)

 この拝殿は、もと内山永久寺の鎮守住吉社の拝殿を大正3年7月に移建したもので、保延3年(1137)の建立といわれている。形式は割拝殿で中央に一間の通路があり、通路の両方の上には唐破風(からはふう)がつけられている。周囲の左右両側が板戸の両開きで前後両面は素木の格子戸になっている。この拝殿は、度々の改造を経て、現在の形となったといわれている。この変遷は、梁上の蟇股(かえるまた)に表れ、南北両側にあるものは、創建当時の様式である。建物全体は、軽快素朴、優美な感銘を与え現在の割拝殿中もっとも優れ、数少ない永久寺の建物の一つとして貴重な遺構である。

石上神宮楼門(重要文化財

 楼門の棟木に「文保二年(1318)卯月二十九日、右奉二為 聖朝安穏 天長地久 社頭繁昌 興隆仏法 郷内泰平 諸人快楽一 所レ造如レ件」の墨書銘があり、鎌倉時代末期、後醍醐天皇が即位された頃の建立である。建築は、桁(けた)行二間二尺、梁(はり)間一間五尺、重層、入母屋造、檜皮葺(ひわだぶき)で上層は和様三手先、下層は二手先に組み、斗供間の蟇股と柱頭の天竺様の鼻の繰形に優れたものがある。柱は円柱で、全体の恰好も美しい。この楼門を一名鐘楼門とも称え、縁起書に(「楼門に洪鐘一口を懸、四天王像を鋳あらわせり、楼門前に鶏栖(けいせい)あり、岩上大明神の五大字を題す」)と記し、氏子有事の際、この鐘をついてしらしたようである。

七 支 刀 石上神宮(国宝)

 古代の石上神宮は、信仰に付帯して多くの器仗が納められ、やがては朝廷の一種の武器貯蔵所、すなわち兵庫であった。これは他にも理由があったであろうが、石上神宮創立の由来と、神域が城塞として要害の地にあったことに外ならない。日本書紀の垂仁天皇39年の条に「五十瓊敷(いにしき)命、茅渟(ちぬ)の菟砥(うどの)川上宮で剣1000口を作り石上神宮に蔵む」とあり、降って神功皇后52年(372)の献納品にみる七枝刀一口、とあるものに擬せられている。七支刀は刀身の左右に三本の枝のある珍らしい剣で、刀身の両面に金象嵌で銘文を表わしている。判読について、いろいろと諸説はあるが、わが国の古代における遺品中、歴史的にも意義深いものであるとともに、古代における神宮の特異な地位をうかがうことができる。

刀身長さ 74.9㌢

鉄 盾 石上神宮(重要文化財)

 七支刀と共に、石上神宮の伝世品中の逸品で、石上大明神縁起に「楯二枚アリ是ヲ日ノ御楯ト申ス」とあっていずれも多数の鉄板を長方形につぎ合わせて作った鉄楯で、形に多少の大小と構造の相違がみられるが、その製作は全く同一である。
 本品の製作年代について、種々考証を加えられているが、古墳時代の5世紀末から6世紀初頭の製作とみられている。わが国古代の武器資料として貴重な存在である。
 個々の構造を表記すると、
 左全長、 143.32cm、 上部幅83.63cm、 中央幅67.57cm、下部幅79.67cm
 右全長、 139.38cm、 上部幅71.21cm、 中央幅65.15cm、下部幅76.66cm