中部エリア
夜都伎神社
(やとぎじんじゃ)

― 山の辺の道沿いに鎮座する神社 ―



山の辺の道(南)コース沿いに建つ鳥居



カヤ葺きの拝殿



拝殿を通してみた本殿

 山の辺の道(南)ルート沿いに所在します。乙木町の北方の集落から少し北に離れた宮山(別名、たいこ山)に鎮座します。

 南側には乙木の集落があり、西には水田が広がっています。北西の小高い場所には、親里ホッケー場があります。ここではこれまで幾度も日本一になっている天理大学ホッケー部が練習場を行っています。

 春日の四神、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、姫大神、経津主神(ふつぬしのかみ)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)を祀り、俗に春日神社と呼ばれています。
 奈良の春日大社と関係が深く、明治維新まではここから蓮の御供えと称する新饌を献供し、春日大社からは60年毎に若宮社殿と鳥居が下げられていました。
 『延喜式』・『大和名所旧跡案内』・『大和名所図会』には「夜都伎神社」、『大和志』には「乙木明神」と記されています。
 現在の本殿は明治39年に改築されたもので、春日造桧皮葺、高欄、浜床、向拝付彩色7色の造りとなっています。この地方では珍しいカヤ葺きの拝殿や末社の琴平神社・八坂神社と列んで美しい景観を呈しています。
 鳥居は元々、2基ありました。現在、神社から100mほど西に建つ朱塗の鳥居は本来、二の鳥居で、一の鳥居はこれよりさらに西へいった、三昧田町との境の上街道沿いに建っていたそうです。
 例祭は毎年10月12日で、神社の東方には昔ばなしとして伝わる春日明神の「鹿足跡石(しかのあしあといし)」があります。


 ハイキングエリア : 「山の辺の道(南)コース」
 所在地 : 乙木町宮山
 駐車場 : 無し
 休憩所 : 無し
 トイレ : 無し