託された姫①

奈良県天理新泉町306番地
TEL : 0743-66-0044 大和神社
http://ooyamatohp.net/
〔電車〕
JR万葉まほろば線[JR長柄駅]下車 → 徒歩:東へ約10分
〔バス〕
奈良交通[天理駅] → 「桜井駅北口行」
   [大和神社前バス停]下車 → 徒歩:西へ約15分
〔車〕
名阪国道、天理東インターより南へ約6km
駐車場
有り(無料)
トイレ
有り
拝観料等
無料
拝観時間
特になし
休み
特になし

大きな地図で見る

拝殿(国宝)
大和神社

神鶏
御弓始式(1月4日)

83年ぶりの鳥居
75年ぶりの葺き替え

『日本書紀』-巻第五〔崇神天皇〕~崇神天皇の時代、疫病大流行のくだり~

【現代語訳:紀】
 五年、国内に疫病多く、民の死亡するもの、半ば以上に、及ぶほどであった。
 六年、百姓の流離するもの、或いは反逆するものあり、その勢いは徳を以て治めようとしても難しかった。それで朝夕天神地祗(てんじんちぎ)にお祈りをした。これより先、天照大神(あまてらすおおかみ)倭大国魂(やまとおおくにたま)の二神を、天皇の御殿の内にお祀りした。ところがその神の勢いを畏れ、共に住むには不安があった。そこで、天照大神を豊鍬入姫命(とよすきいりびめのみこと)に託し、大和(やまと)笠縫邑(かさぬいむら)に祀った。よって堅固な石の神籬(ひもろぎ)(神の降臨される場所)を造った。また日本大国魂神(やまとおおくにたまのかみ)は、渟名城入姫命(ぬなきいりびめのみこと)に預けて祀られた。ところが渟名城入姫命は、髪が落ち体が痩せてお祀りすることができなかった。

 第10代崇神(すじん)天皇の代に疫病が大流行し、国民が死に絶えそうになったそうです。それは、新しい王権に対する大和の土着の神々の怒りなのか。王権に祟ったのは、いったい誰だったのでしょう。
 崇神天皇は、天照大神(あまてらすおおかみ)と地主神・日本大国魂神(やまとおおくにたまのかみ)の二神をお祀りするものの・・・、なおおさまらず。
 新たに祀られる神と土着の神々、入って来るものと元からそこにいるもの、その和を成していく心模様があったとは。
 むかしむかし、この静かな緑なす大和の杜にもそんな物語があったのですね。
 皇女、渟名城入姫命(ぬなきいりびめのみこと)に勅して、日本大国魂神を市磯邑(いちしむら)(大和郷)に移されたのが、ここ大和神社の創始であると伝えられています。
                              天理市産業振興課 A氏

 

 大和路にお祭りはいろいろありますが、大和ではこのような(うた)があります。
 “祭り始めはちゃんちゃん祭り、祭り納めはおん祭り”と。
 そのちゃんちゃん祭りが大和神社でおこなわれます。
 この祭りは4月1日、春を告げるお祭りで、鉦をチャンチャンと鳴らすことから、「ちゃんちゃん祭り」とも呼ばれ、山辺路を巡行する春の風物詩の祭礼と言えます。
 猿田彦大神を先頭に神輿に乗った神様が、大和神社から山の辺の道の大和稚宮(やまとわかみや)お旅所まで往復します。200余名の氏子達が白の浄衣に白袴着し、黒の烏帽子で、のどかにお旅所まで行きます。
 そのお旅所では、九町の頭屋の氏子達がそれぞれにお供えをします。長柄は塩鯛、佐保の庄はちまき、兵庫町は柳の箸一膳とそうめんをお供えして豊作を祈願し、その間、座中の者は弁当を広げて食事をします。また、龍の口の舞が奉納され、夕方「神幸」が本社に還幸して終わります。
 昭和20年ごろまでは、3月30、31日になると神社の一の鳥居辺りに魚の市がたち、各家庭でブリを食べたそうです。そのことから、ちゃんちゃん祭りは別名、「ブリ祭り」とも言われたとか。

 『戦艦大和』には大和神社の分霊が祭られていました。実は、大和神社の参道の長さと戦艦大和の艦の長さは同じで、参道の幅の5倍が艦の幅です。お参りされた時、参道を歩いて長さを実感されてみてはいかがでしょうか。

 『遣唐使の崇敬』
 奈良時代、遣唐使は航海の安全を願って無事帰国する為に、必ずここを参拝したといわれています。
                   天理市山の辺の道ボランティアガイドの会 Y氏