太刀 一千口

奈良県天理市布留町384番地(山の辺の道沿い)
TEL : 0743-62-0900 石上神宮
http://www.isonokami.jp/
〔電車〕
JR・近鉄 [天理駅]徒歩:東へ約30分
〔バス〕
奈良交通[天理駅]→「六郷小学校・苣原行」
石上神宮前バス停]下車 → 徒歩:約5分
〔車〕
名阪国道、天理東インターより南へ約2.3km
駐車場
有り(無料)
※観光バス可
トイレ
有り
拝観料等
無料
拝観時間
特になし
休み
特になし

大きな地図で見る

拝殿(国宝)
拝殿(国宝)

神鶏
神鶏?

83年ぶりの鳥居
83年ぶりの鳥居

太刀一千口 ( ~ 物部氏、氏神の起こり ~ )
『古事記』-中巻 〔垂仁天皇〕?『日本書紀』-巻第六〔垂仁天皇〕


【現代語訳:記】
 次にイニシキノイリヒコノ命は、血沼池(ちぬのいけ)を作り、また狭山池(さやまのいけ)を作り、また日下(くさか)の高津池をお作りになった。また鳥取(ととり)河上宮(かわかみのみや)においでになって、太刀(たち)一千ふりを作らせて、これを石上神宮に奉納し、そのままその宮においでになって河上部(かわかみべ)をお定めになった。

【現代語訳:紀】
?三十九年冬十月、五十瓊敷命(いにしきのみこと)は、茅渟(ちぬ)(和泉の海)の菟砥(うと)川上宮に(かわかみのみや)おいでになり、剣一千口を造らせられた。よってその剣を川上部(かわかみのとも)という。
 またの名を裸伴(あかはだかのとも)という。石上神宮に納めた。この後に五十瓊敷命に仰せられて、石上神宮の神宝を掌らせられた。
― ある説によると、五十瓊敷皇子は、茅渟の菟砥の河上においでになり、鍛冶の名は河上という者をおよびになり、太刀一千口を造らせられた。
この時に楯部(たてべ)倭文部(しとりべ)神弓削部(かむゆげべ)神矢作部(かむやはぎべ)大穴磯部(おおあなしべ)泊橿部(はつかしべ)玉作部(たまつくりべ)神刑部(かむおさかべ)日置部(ひおきべ)太刀佩部(たちはきべ)など合わせて十種の品部(とものみやつこら)を、五十瓊敷皇子に賜った。その一千口の太刀を忍坂邑に納めた。その後、忍坂から移して石上神宮に納めた。このときに神が「春日臣の一族で、名は市河という者に治めさせよ」といわれた。よって市河に命じて治めさせた。これが今の物部首(もののべのおびと)の先祖である。

 石上神宮には、たくさんの太刀、短刀、脇差が収められています。
 その中で、古来より「小狐丸(こぎつねまる)」の名で呼ばれる、有名な鎌倉時代の古備前物の太刀も伝わっています。
 「小狐丸」には次のような昔話があります。

 昔、布留にひとりの若者がありました。父の病気平癒を祈って、毎年、信貴山へ跣足(せんそく)参りをしていました。すると、いつも途中で休む龍田の茶店の女に恋慕されました。男は妻のある身なので、女を避けて逃げて帰りました。女は男の後を追いました。若者は、途中、大和郡山市八条町(旧生駒郡平端村八条)の菅田(すがた)神社まで逃げ延び、社の後ろの松の木によじ登りました。松は一夜に大木となって、若者を隠しました。女は木の下の水に映った男の影を見て、身投げしたものと思い、身投げして死にました。
 それから後、その水に大蛇が住み、田畑を荒らし、嫁入りの花嫁を連れ去ったりして、おおいに地元の人を苦しめました。
 ここにまた、布留郷にひとりの婦人がありました。寒中に菅田の森を通ると、一匹の小狐が子を抱えながら、乳がなくて困っているのに出会いました。婦人は狐をあわれんで、その後、毎夜そこに通って小狐に乳を授けてやりました。狐はその御礼として一口の剣を婦人に贈りました。これは、狐が刀鍛冶の弟子に化けて、向鎚を打って作ったものでした。後に小狐丸といわれるの剣です。
 婦人は、狐の助力により、この小狐丸を揮って、かの大蛇を退治しました。そして、その剣を郷社の布留明神に献上したのです。布留明神とは、今の石上神宮のことです。
 小狐丸は、今も石上神宮の神宝の中にあります。維新前に古墳の盗掘が流行したころ、この剣を持って行くと、たたりがないといわれ、一時盗賊の手に入って魔除に使われたこともありました。その後、ある殿様の手に入り、これは尋常の物ではないというので、元の石上神宮にかえされました。その後また盗難にあいましたが、今はまたもとに帰ってきています。
この剣を抜くと、小狐の走る姿が現われると言われています。
                                杣ノ内町 M氏

 
拝啓、全国の高橋さん。

 日本で最も多い苗字ランキングの第三位にあるという「高橋さん」。その名前のルーツがこの石上神宮の傍にあるってご存じですか?ルーツには諸説ありますが、その一つに「布留の高橋」説があります。石上神宮の社殿を左に見ながら道を抜けると布留川を渡ることになるのですが、その橋こそ『日本書紀』に出てくる「影媛哀れ」ゆかりの橋、「布留の高橋」。高橋さんの源流となる橋なのです。
 では、なぜそれが高橋さんのルーツなのかといいますと・・・
 孝元天皇の皇孫大稲輿命の子である磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)という方が景行天皇に新鮮な(はまぐり)のナマス料理を差し上げたところ、天皇はいたく喜ばれました。そして、天皇はその方に膳(カシワデ)という姓を与えられたのですが、その膳氏が後に高橋氏と改名され、代々朝廷の食膳を司る家柄となっていったのだとされます。皇室の食膳関係を一手に引き受けて全国から食品を調達していたため、高橋さんも全国津々浦々に拡がったというのだそうです。
 では、なぜ「布留の高橋」から名前を取ったのでしょう?
 それは、私にはハッキリ分かりません。本当はここが一番肝心なのですが・・・。もしかすると、布留の高橋が架かる場所にある小滝で石上神宮のご供物などを洗い清めていたとするならば、天皇の食事を手がけていた氏族であれば、そんな場所にあやかろうとするのもありうる?或いは、日本書紀にも記され、万葉集にも詠まれるくらい有名な橋であったということは、とても景観の良い場所だったのだろう。そんな綺麗な名前をついつい名乗っちゃったとか?また、橋自体が当時は珍しいものであったからとか。・・・などなど、いい加減でもロマンチックに思いを巡らせながら歩くのに最適なのが、石上神宮周辺。
 全国の高橋さん!いえ、鈴木さんも田中さんも中村さんも、是非、ロマンを語りに石上の森へいらしてください!!

                     天理大学附属天理参考館 M氏