平成15年度入選作品


【審査員総評】
 今回は、応募作品数は少なかったのですが、風景(春夏秋冬)の作品をはじめバラエティに富み、全般的にレベルの高い、意義のあるコンクールになりました。
 天理の隠れた行事が発表されているのも特徴です。これらの作品を通して、今後みなさんにより注目されていくことでしょう。
 また、入選された作品は、皆、構図もよく人物もうまく撮られています。






 特別賞
天理市長賞

吉田芳雄 氏  『桃尾の滝秋景』

【評】 色合いも構図もよく、しっとりとした桃尾の滝が表現されている作品です。特に紅葉の入れ方がいいですね。
上へ移動






 特選
天理市議会議長賞

阪口義一 氏  『夜の長岳寺』

【評】 今までにない作品です。作者の努力が伺えます。背景が暗く、全体的にもっと明るければ、さらに良い作品になっていたでしょう。






天理市教育委員会教育長賞

北 好雄 氏  『虫おくり』

【評】 各人物の表情がよく、初夏の雰囲気がシャープに出ている作品です。建物も伝統行事の雰囲気を醸し出しています。






天理市観光協会会長賞

梅本秀明 氏  『春共演』

【評】 雨の日に写された写真です。しっとりとした杜若の紫色がうまく撮られています。
上へ移動






 準特選
天理市商工会会長賞

阪口真太郎 氏  『薬師さん 』

【評】 周囲の雰囲気や女性の表情がよく出ています。いい1コマでまさにシャッターチャンスに撮られています。






天理市経済クラブ会長賞

増田 晶 氏  『豊作を祈る』

【評】 行事の中の早乙女だけを撮り、早乙女の影を出した力作です。






天理ライオンズクラブ会長賞

大野良治 氏  『お大師さん』

【評】 行事の始まりを告げる「ほら貝」の音が聞こえてきそうな動きがあり、角度もよく綺麗なポイントから撮られた作品です。






天理教教会本部賞

嶋岡正司 氏  『花しょうぶ風景(憩の広場)』

【評】 菖蒲の花の空間をいいポイントからうまく撮られています。これが雨の日だったら、もっと雰囲気が出ていたことでしょう。
上へ移動






石上神宮宮司賞

越智秀夫 氏  『神宮の朝』

【評】 朝もやと新緑で、神域の厳かな雰囲気が出ています。残念ながら、少しピントが甘くなっています。






長岳寺貫主賞

老田輝男 氏  『晩秋の輝き』

【評】 空間の捉え方と組み合わせが良く捉えられています。山景の麓の色合いにより、寺院独特の静寂の中に華やかさが表現されています。






大和神社宮司賞

森田 茂 氏  『クライマックス』

【評】 静寂な神社の中で直線的な背景が、スローシャッターを切ったことで、丸く動いている曲線となっています。大変、面白い作品です。






和爾下神社宮司賞

木治清志 氏  『霧の朝』

【評】 静かな春にしかない空間と色使いを魅せている写真です。撮る角度をもう少し工夫すると、より良い作品になっていたでしょう。






「観光写真コンテスト」トップへ  上へ移動