平成27年度入選作品


【審査員総評】
 このフォトコンテストも長く続いていますが、今回は「てんり&山の辺の道フォトコンテスト」として桜井市の一部もエリアに含めたことで、より多くの魅力ある作品が集まりました。また、作品全体を見ますと、撮り方や基本的、技術的な部分、水準が高くなっているように思いました。
 ただ、写真の内容がいいのに、カメラが便利になったことで随分とカメラマンの手でコントロールできる幅が広がり、色の判断が若干間違えられているという残念なところも見受けられました。
 デジタル化のカメラの機能の進化とともに出てきた後退の部分ですね。
 撮りやすくなっている部分と管理の難しさの壁を感じられているんじゃないでしょうか。
 作品募集の趣旨を踏まえ、もう少し噛み砕いて自分なりに考えた構図など狙うものをしっかりと決めてから撮るというようにすれば、より強い作品となり入賞に近づけるのではないかと思います。

 「山の辺」というのがタイトルにあるフォトコンテストですので、山の辺についての基礎知識というか、日本の歴史、伝統と文化の知識を身につけて、山の辺の道へ足を踏み込むということが第一かと思います。
 みなさんの作品を見て、何度も山の辺の道に足を運ばれて、歴史の知識をもとに現場での体験、そこで受けた感動、それらを何度も受けて形にされているんじゃないかというのを感じました。素晴らしいことです。

 撮影にあたっては、形あるものの表面だけではなく、その裏側に隠れているものを表現することが大事です。
 特に特別賞の作品は、春霞のある風景ですが、そういう霞んだ中にあるほのぼのとした、歴史の、古の世界を彷彿とさせる空気をうまく捉えています。
 また、息づいているということ、生命感も大事なことです。風景の中にも、生命はいっぱい宿っています。その生命を見る目を持たないと写真の奥行きは分かりません。生きているということは、過去のものは過去のもので博物館に入れられているというのではなく、現地の土の中に生きている、空気の中によどんでいる、そういうものが大事で、風景の中に生命を吹き込む一瞬、それをしっかりと見据えるというのが写真の眼なんですね。

 今回も、それなりに捉まえている、また表現されている、そういった作品が大半を占めていたので、審査をする方としても嬉しく、とても楽しかったです。
 






 特別賞
天理市長賞

三毛俊介 氏  『春近づく』

 
【評】 写真の質も高く、雰囲気を大事に出しています。
 心象風景と入江先生はおっしゃっていましたが、心象の部分が柔らかくてわざとらしくなく、うまく捉えられています。山の辺の古来よりの浪漫として、みんなが持っているものを逆なですることなく表現されていて、山の辺の浪漫漂う作品となっています。
 花というものを思いっきり派手には出さず、地味な咲き具合のままを地味な空気の中に出しています。表には見えない隠れた世界に浪漫を描き出しているのをこの中に感じます。
上へ移動






 特選
天理市議会議長賞

浜田 守 氏  『いざなぎの春』

【評】 コントラストをあまり強くしないで、しっとりした質感をよく出しています。
 全体に緑っぽい光の中に、ピンクだけを鮮やかに浮き上がらせ、季節感をいきいきと息づかせている、そういうものがこの中にはあります。
 背景、狙い、テーマ、言いたいもの、光、構図ともに整理されている作品です。
 あえて言えば、構図の上では無駄な余った空間が多く、もう少し整理したら、さらに良くなると思います。トーンが軟調ということを、コントラスト、構図の上で整理することが大事です。






天理市教育委員会教育長賞

西村康男 氏  『萱生の里』

【評】 日本人が古来から持つ自然や実りに感謝するという気持ちが臨場感をもって、また、色彩的にも光の柔らかい趣きのあるプリントの表現としても素晴らしい作品です。生命がいっぱい宿り、豊かさがすごくある、自然の恵みに素直に喜べるような写真です。
 グラデーション、色の出し具合は良かったのですが、惜しかったのは、山の背景を電柱を怖れずに入れてほしかったという点です。






 
桜井市観光協会会長賞

西村康男 氏  『霧梅の道』

【評】 あるがままをストレートに捉えた、自分の中にある山の辺の道の浪漫を表現した、アマチュアイズムの勝利ともいえる作品です。看板一つにしてもおそれず、素直な気持ちが作品の中に現れていて、好感が持てます。
 デタルカメラを手にした瞬間、パソコンでどう調整しようかというところに、つい囚われてしまいがちですが、デジタル写真の技術(機能)に振り回されず、内面にある浪漫を捉えることに徹して、写真の大事な部分を生かすことです。
 






天理市観光協会会長賞

北 好雄 氏  『道中安全』

【評】 道行く人の安全を見守り、何かを語りかけてくるようなほのぼのとしたお地蔵さんの姿を捉えています。ローアングルで構えた迫力のある構図、広角レンズで迫った表現は、天蓋付きのお地蔵さんという被写体を強烈に印象付ける作品となっています。
 半逆行の光は良いのですが、花の色が強すぎるので、そこは控えめにしてください。そして、周辺を少しカットするとさらに良くなるでしょう。
上へ移動




 準特選
天理市商工会会長賞

梅本秀明 氏  『柿の里秋景』

【評】 天理市には柿の木がたくさんあり、青葉や柿の実りもいいですが、秋の紅葉もまた美しいものです。その良さをレンズで切り取った素敵な作品となりました。背景に蒼く霞む山並み、緑に覆われた地面、赤く色づく柿の木、カラフルな自然の絵巻を見るようです。黒い幹や枝がこの構図を支えているので、シャドウ部も気をつけてください。






天理市経済クラブ会長賞

山中定子 氏  『永遠(とわ)に美しく』

【評】 散るも桜と言いますが、池の上に散った水面の花びらの美しさが桜のもう一つの魅力ではないかと思います。まだ上の木の枝にはたくさんの桜の花が残っている中、咲く花、散った花びらと、関係性が非常にバランスのいいタイミングで撮られています。写真の構図的にいうと、右上が抜けるというのはあまり良くなく、また、無理に杭を入れなくても良かったのではないでしょうか。






天理ライオンズクラブ会長賞

岡本 聖 氏  『雨の婆羅門杉』

【評】 人間の生命のサイクルよりはるかに深い、木が持っている、人間の力では及ばない力を感じさせ、感動を与えてくれる作品です。
 霊気漂う、被写体がもっている年輪の強さ、生命力がストレートに出ています。
 ストレートに撮っているからこそ、雨でくすんだ空気感や木の質感、また、周りが沈んでいることが被写体を浮き上がらせ重量感を出しています。
 





 
天理教教会本部賞

竹本晴行 氏  『春来る』

【評】 大胆な切り取り、ストレートに単純にいいなと感動が伝わる作品です。ピントもしっかりしていて、幹のダイナミックさで樹齢を感じさせます。
 素晴らしいモチーフを正面からバーンと押さえていますが、色が足りず、全体に白っぽいのはどうしてだったのか、その点が惜しいです。プリントに、もう一工夫してもらえればと思います。
上へ移動






石上神宮宮司賞

上島春雄 氏  『祭礼の燈』

【評】 今はデジタルカメラの性能が良くなったとはいえ、夜間に行われる行事撮影は 困難なことが多くあります。
 まず撮影ポイント選び、次に状況表現テクニック、カメラ機材と扱い方、進行スケジュール等、これらを上手くまとめなければなりません。そうした中、夜間の行事をうまく捉えた作品です。
 あえて言えば、一段階明るく電球色であわせれば、もっと良く表現できたのではないでしょうか。






長岳寺貫主賞

村上早人 氏  『雨あがり』

【評】 山門を背景に色鮮やかに咲き誇る紫陽花、山門への石畳、良くまとめられた作品です。
 紫陽花は雨の日が似合うので、しっとりとした質感のある写真となり、さらに背景とテーマが一体となってその美しさを一層引き立て、絞り込んだシャープなピントが心地よい作品となっています。
 ただ、コントラストが強いため、花の優しさや甘い香りが弱く感じます。少し明るくしてはどうでしょうか。






大和神社宮司賞

北 正子 氏  『儀 式』

【評】 弓をもっている人が5人、この画面の中で並んでいて順番に矢を射つのだと思います。
 その形により順番に待っているタイミングをきっちりと捕まえた、分かるものには分かるスゴイ作品です。カメラアングルを下から見上げることで、背景と前の斜視との違いを出しています。
 写真はタイミングが大事で、その中に動きを捉えていくことでいい作品になります






和爾下神社宮司賞

田辺弘年 氏  『夕暮れの散歩道』

【評】 懐かしさとそのものの風景。鳥もねぐらに帰るのでしょうか。人物対比もされていて、いい趣きのある作品です。
 鳥は飛んでいるし、歩いている人も鳥を見ながら何か思っているのかな、と感じるほど浪漫、童話の世界が溢れています。
 ただ、道が少し白く光るとか、光のポイントが欲しかったと思います。
上へ移動






天理大学長賞

池田 薫 氏  『春うららかに』

【評】 春爛漫の里山に語る農婦。山の辺の道周辺の豊かな自然に流れる時が写し出されています。
 生命のよろこびを謳う春が狙いなら、花々にシャープなピントを合わせ、語る二人はぼんやりと写すというのもひとつです。
 また、右側と上部を少しカットして遠近感を出し、画面全体からくるリズムをつけて春の暖かな風を表現できれば、もっと素敵な山の辺の春が表現できたのではないでしょうか。






「観光写真コンテスト」トップへ  上へ移動