戻る                 「今日の一枚」トップへ                 次へ

今日の一枚

その15

(2014年12月18日~)

 
 
5月2日







 「ギリシャの香りに酔いしれて -ギリシア考古学の父 シュリーマン展―」

 シュリーマンといってもピンとこないかもしれません。しかし、『トロイの遺跡』を発掘した人といえばどうでしょう?
 ギリシャ考古学の父とされるシュリーマンが発掘した『ティリンス遺跡』の報告書(1885年)の原画28枚が天理参考館で展示されています。

 今回が初公開、天理の地に歴史を変えた世界的考古学者の原画が保管されていたことに、専門家から驚き声があがっています。
 会場では28枚の原画に加え、天理図書館所蔵のトロイ発掘の報告書初版『トロイ遺跡』完本、ナポレオン皇帝版『エジプト誌』、シーボルト『日本』といった、教科書で教わってきたような19世紀の調査報告書初版本も同時に出品されています。
 かなり見応えのある内容です。このゴールデンウィークには古代ギリシャの香りに浸ってみませんか?


 

3月31日




「桜」

 桜の季節がやってきました。
 天理教教会本部の東側一体はソメイヨシノにとどまらず
 幾種もの桜の花が競い合うように咲いていて、私たちの目を楽しませてくれます。
 週末には雨の予報、おそろくこの数日が見頃かと思われます。

 お近くの方は、是非足をお運び下さい。


 

12月18日




 
 「お・も・て・な・し」

12月14日に行われた「奈良マラソン2014」。5回目となる今年は、1万5491人のランナーの参加がありました。
天理市内もマラソン部門のコースに入っており、折り返し地点となった天理参考館付近では、「ぜんざい」が振る舞われました。
この「ぜんざい」、ランナーの中では知られる存在になってきているようで、「ぜんざい」を楽しみに走る方もおられるとか。
疲れた体に甘い物は必須ですものね。運動をしない私には大敵ですけど・・・。

ネットサーフィンをしていると、天理の町の雰囲気に驚き、楽しみつつ走ったという報告をされている方も少なくありません。
1万人がエントリーするマラソン部門、多くの方に天理の魅力を知ってもらえる絶好の機会となっているんですね。
寒い中ではありますが、来年も大勢の市民で温かくお迎えしたいものです。


戻る 次へ
「今日の一枚」トップへ 上へ移動