戻る                  「今日の一枚」トップへ                  次へ

今日の一枚

その7

(2009年11月4日~2010年3月12日)


3月12日




「春到来」

 寒さがぶり返していますが、至る所で確実に春は訪れています。
 こちらは天理教教会本部の東側に並ぶ早咲きの河津桜です。
 ソメイヨシノの開花予報は3月24日ですが、桜には色んな種類があります。
 天理では5月頃まで楽しめますので、しっかり情報収集してくださいね。


3月2日




『冬の楽しみ』

 桜の季節は華やかな石上神宮外苑公園ですが、今はまだ寒々としています。
 先日テレビを見ていると、ある華道家が四季を問わず裏山を散歩するのが好きだと話していました。

 「自然は四季を通して様々は顔を見せてくれる。冬の木々は葉が落ちていて寂しく感じるかもしれないが、その代わり枝振りがよく分かる。太い幹から枝先の細くなっている様子を目にすることができるし、全ての枝が太陽に向かって伸びている様がはっきりと見て取れる。上へ上へ伸びようとする木々の力、自然の息吹を強く感じることができるのは冬山の醍醐味である」

 言われて山へ入り、空を見上げてみました。
 いつの間にか私も一員として手をあげて、思いっきり背伸びをしてしまいました。


2月27日




「冬季のオブジェ」

 何とも芸術的。
冬の季節に見られる山の辺の道の景色です。冬枯れた色合いの中に、素晴らしい作品ともいえる木々が広がります。
 柿の木です。
 天理は柿の産地としても知られていて、ここ萱生町は渋柿の早生「刀根早生柿」の発祥の地です。
 柿の一年は、冬場の剪定、5月頃の摘蕾、7月頃の摘果、そして9月下旬頃からは収穫・脱渋と進んでいくそうです。
 その柿畑の姿は、山の辺の道に四季おりおりの彩りを添えてくれます。
 今は、剪定が終わろうとする季節。
 この時期ならではの風景を是非楽しんでください。


2月1日




「春遠からじ」

 大寒は過ぎましたが、冬はこれからが本番といったところでしょうか。
 しかし、春を待ちこがれているのは、どうやら私たちだけではないようです。


1月22日





「勧請縄」

 長岳寺の大門(肘切門)前の光景です。真新しくなっていて目に留まりました。
 「勧請縄(勧請吊り・勧請掛け)」といいます。
 外からの疫神の侵入を防ぐため、ムラの入り口や氏神である神社の境内や寺院の入り口に吊るすところもあるそうで、以前は各地で見られたそうです。
 ここ長岳寺の勧請縄は直径10㎝以上あり、長さも10mに近く現在各地に残る勧請縄では最大のもののようです。毎年1月10日の節会(せちえ)に檀家の皆さんによる大縄掛け行事が行われ、縄の途中に垂れている飾りは、玉串やしめ縄の紙垂(しで)に相当するものだとか。
 長い長い時間を超え、引き継がれていく人々の祈りや願いが感じられ、見ているだけで気持ちが穏やかになっていきます。


1月14日





「鉄道ファンにはタマラナイ」

 あけましておめでとうございます。
 本年最初の写真は新春にふさわしく虎をと思いましたが、昨年、電車を取り上げたので電車繋がりの写真です。鉄道ファンには耳寄りな情報ですよ・・・。

 天理参考館で今月5日から新春展「南海電車展」が開催されています。故平芳資也氏の南海コレクションの中から、中核をなす切符や鉄道部品、観光案内などが展示室内に所狭しと展示されています。
 鉄道関係の資料というのは見ているだけで旅行した気分を味わえ、鉄道ファンならずともワクワクしてしまうのが不思議ですね。

 足を運ぶ人が多いようで、開催記念券を1,000名の方に準備したそうですが、残りわずかになったとのことです。

 展示は3月8日(月) まで行われています。


12月21日




「冬のかがやき」

 今年もこの季節になりました。天理駅前広場での「光の祭典」。県下最大12万球のイルミネーションだそうです。
 そして、今年は何と、市内のJR各駅(櫟本、天理、長柄、柳本)の駅前でイルミネーションがキラキラと輝いているとか。
 寒い冬の夜に、何かホッとしますよね。
 この輝きを見ると、今年もあと少し。忙しい日常に、ちょっと足を止めて、1年を振り返ってみてはいかがですか。

 ゴールド、ブルー、ホワイト・・・どんな色のかがやきに目が留るでしょうね。


12月1日




「観光列車・旅万葉」

 奈良に観光列車が登場、その名も「旅万葉」。
 JR和歌山線・桜井線に「万葉集」をモチーフにしたラッピングトレインが運行されます。
 11月29日にお披露目会があり、30日から運行されています。
 山の辺の道に並行して走るJR桜井線を、ボディに額田王や柿本人麻呂ら万葉歌人、大和の景色、万葉歌が描かれた2両編成の列車が優美に走り抜けます。
 やはり、ここは「万葉のふるさと」。
 遥か万葉のロマンに思いを馳せ、綺麗な列車にゆられて、是非、山の辺の道にお越し下さい。


11月21日




ライオン

 天理大学の創設者記念館という建物にライオンを見つけました。
 銀杏を撮りに彷徨っていたところで偶然に発見したのですが
 洋館にライオン(に銀杏)という組み合わせが、とってもカッコイイと思わずパシャリ!
 これをきっかけに、動物ネタを探してみようかなあ…


11月4日




「逆さ富士ならぬ逆さ櫛山???」

 崇神天皇陵の東側、櫛山古墳の入口にある池が素晴らしい!!
 水面に映る木々がとても綺麗です。
 こんな近くの池で、こんなに美しい景色が見られるとは思っていませんでした。
 紅葉も、もうすぐピークを迎えようとしています。

 紅・黄・緑、美しく華やかに着飾った木々と水の競演を、ぜひ見に来てください!


戻る 次へ
「今日の一枚」トップへ 上へ移動