東大寺山古墳出土
中平銘鉄刀背文字
(長さ約110㎝)







石上神宮所蔵
七支刀
(長さ約75㎝)






 天理市は奈良県の北部に位置します。市中央部を南北に高低差約300mの春日断層崖が延び、西側の奈良盆地と東側の大和高原に区切られています。

 この断層崖は大和高原の隆起と奈良盆地の陥没により生じたとされていますが、この断層崖を境に環境は大きく異なり、両地域に住む人々の気質にも影響を与えています。

 戦国時代の著作とされる『人国記』には、盆地を表郡、大和高原を奧郡と表記し、表郡の人を「人の気名利を好むものおほし」、奧郡の人を「隠る気あり」として、気質の違いを述べています。
 古墳時代以降、盆地に都が置かれたことが大いに関わっているようです。

 他に、盆地部のことを「国中(くんなか)」、大和高原など盆地を取り巻く山間部を「山中(さんちゅう)」と呼ぶこともあります。

 それでは市内の歴史を振り返ってみましょう。






 人々が石器を作り、道具類を作り出した旧石器時代の遺跡はまだ見つかっていませんが、盆地北部の豊田山周辺や布留(ふる)遺跡では、石器の一種である「ナイフ形石器」が採集されています。

 約1万2千年前には土器が出現し、縄文時代が始まります。大和高原の福住(ふくすみ)町では、約1万年前の早期の遺跡が何ヶ所か見つかっています。盆地部では布留町を中心とする布留遺跡があります。布留遺跡では他に中期末~後期初頭の遺構や遺物が出ており、土器形式として「天理C式」・「天理K式」が設定されています。

 縄文時代が終わる晩期になると、布留遺跡の他に標高が低い盆地西側の前栽(せんざい)町や平等坊(びょうどうぼう)町でも生活が営まれるようになります。

 縄文時代の狩猟採集中心の時代から水稲栽培を中心とした時代に変わり始める段階に当たります。






 弥生時代に入ると、瀬戸内海沿岸を通して伝わった稲作によって人々の定住が促進され、生活環境は大きく変わります。

 市内では西部の平等坊町と岩室(いわむろ)町に所在する平等坊・岩室遺跡や海知(かいち)町の海知遺跡など、市の西側・低地部で稲作が始まります。中でも平等坊・岩室遺跡は弥生時代を通じて営まれる地域の拠点集落で、集落の周りには何条もの濠が巡っていました(環濠集落)。

 県内にはこのような環濠集落が他地域よりも多く存在し、一定の間隔を保って立地していることから、国内でも最大級の規模をもつ唐古・鍵遺跡(田原本町)を中心とした盆地内のネットワークが築かれていたと考えられます。

 弥生時代の中頃になると、櫟本(いちのもと)町では長寺遺跡が営まれ始めます。現在の集落の直下にあり、現在の櫟本は当時から集落として最適の立地でした。
 また、西名阪道の北側にはシャ-プの総合研究所がありますが、ここでは山の周りを二重の濠で囲った集落(東大寺山遺跡)が見つかっています。地域間の緊張の中で、人々が里から移動して営まれた、高地性の集落と考えられています。

 このような現象は各地で見られ、特に弥生時代の終わり頃には、西日本を中心にこのような状況が多く見られるようになります。古墳時代を迎えるにあたっての政治的な緊張からくる動き、と理解されています。

 また、弥生時代の終わり頃になるとそれまで遺跡があまり見られなかった南部の柳本(やなぎもと)地域でも集落が営まれるようになります。
 柳本から桜井市北部の纒向では、古墳時代の初頭にヤマト王権が誕生し、前期にかけて国の中心的な地域となりますが、その動きをすでに弥生時代後期に見ることができます。






 古墳時代初頭(3世紀の中頃)になると、桜井市北部に大和王権が成立し、隣接する柳本地域もそのエリアに組み込まれます。

 大和王権の本拠は、考古学的には桜井市の纒向(まきむく)遺跡と考えられています。柳本地域は纒向遺跡の北側に位置し、集落や「オオヤマト古墳群」を構成する「柳本古墳群」と「大和(おおやまと)古墳群」が営まれます。

 この二つの古墳群に「纒向古墳群」を含めた「オオヤマト古墳群」には箸墓古墳・景行天皇陵・崇神天皇陵・黒塚古墳・中山大塚古墳・波多子塚古墳・西殿塚古墳・東殿塚古墳など古墳時代初頭から前期の大型古墳が数多く所在しています。ここに埋葬された人達は、築造の時期や規模、立地などから、初期大和王権の中枢を担った人々の墓と考えられます。

 柳本地域からやや北、市域の中程の布留(ふる)町から杣之内(そまのうち)町の地域には、大和王権の時代に軍事を司った物部氏が居住していました。

 物部氏の本拠は今の大阪府八尾市とされ、この地に居を構え、石上(いそのかみ)神宮の祭祀を司るようになった物部氏については不明です。物部守屋が蘇我馬子との戦いに破れ、大阪の本拠地が解体された後も、布留の物部氏は古墳を造り続け、集落も続いていることから、本家に最も近い親族で、守屋と馬子の争いに深く関わらなかった一族ではないかと、考えられます。
 
 石上神宮の北を流れる布留川近辺では、5世紀~6世紀代の総柱建物跡・竪穴住居跡・大溝跡・工房跡・刀装具の破片、玉、鉄滓(てっさい)・馬歯などがたくさん出土しており、物部氏の活動の一端が伺い知ることができます。

 物部氏の奥津城「墓域」は、布留の南側に広がる杣之内古墳群と北側の豊田山丘陵上に広がる石上・豊田古墳群があります。

 日本最古の道といわれる「山の辺の道」は、桜井市の金屋あたりから大神(おおみわ)神社・石上神宮を通り、奈良へ抜ける道でした。この道沿いには、万葉集に詠まれた場所がたくさんあります。当時、この道は主要な道であり、多くの人が喜怒哀楽を胸に行き来したものと想像されます。

 当時のルートは不明ですが、景行天皇陵、崇神天皇陵の近辺を通る南北の道だったようで、現在は金谷から石上神宮までの東海自然歩道が「山の辺の道・南ルート」として整備されています。

 石上神宮から北は「山の辺の道・北ルート」とされ、この道を北へ進むと櫟本に入ります。ここには7人の天皇に9人の后妃を出したとされる豪族「ワニ(和爾・和珥)」氏が居住していました。
 現在の和爾の集落が居住域で、南に広がる東大寺山古墳群や北側の寺山古墳群などが一族の墓域と考えられています。東大寺山古墳群には、後漢末の年号をもつ鉄刀が出土した東大寺山古墳、史跡赤土山古墳、和爾下神社古墳など前期の大型古墳を見ることができます。

 この時代、この地域ではたくさんの古墳が造られました。北部の櫟本近辺、中部の布留近辺、そして南部の櫟本近辺です。中でも柳本には、600~1000基ともいわれる古墳時代後期の龍王山古墳群が所在します。そのほとんどは小規模な円墳ですが、数的には全国トップクラスの数です。
 崇神天皇陵から龍王山へ登るハイキングコース沿いで、一部、古墳を見ることができます。






 古代に入ると、市内には、奈良と桜井・橿原を結ぶ上ッ道、中ッ道、下ッ道が整備されます。7世紀中頃のことです。交通網が整うにともない、天皇の宮は桜井地域から離れ、盆地のあちこちで営まれるようになります。はっきりとした場所は不明ですが、市内では安康天皇の石上穴穂宮や仁賢天皇の石上広高宮が伝えられています。

 櫟本では前代に活躍した「ワニ」氏から大宅、柿本、櫟井、在原、粟田、小野などの諸氏が分かれ、この地域に居住しました。

 布留の物部氏は、天武天皇の時に石上朝臣の姓を賜り、奈良時代から平安時代初期にわたって上級貴族の地位を保ちます。

 柳本地域では大倭氏が代々「大和神社」の神主を世襲しました。この大和神社は創建が古く、崇神天皇即位6年に宮中内から移され創祀された、との記録が残っています。
 また、弘法大師の開基とされる長岳寺は、大和神社の神宮寺とも伝えられ、広い寺域と多数の寺坊を有していました。

 大和高原の福住地域は、この頃、都祁(つげ)郷の一部となっていました。この地域には古くから、冬の間に氷を切り出して保存し、夏に朝廷へ献上する氷室(ひむろ)があり、皇室との関係が深い地域でした。氷の献上は近世初頭まで続けられたそうで、現在も氷室跡の大きな窪みを見ることができます。






 中世には貴族や社寺による荘園の開発が盛んになりますが、大和では東大寺や興福寺など南都寺院の勢力が伸びてきます。市内でも石上神宮・大和神社・興福寺・東大寺や皇室・豪族などの支配が広がります。
 その中にあって、長岳寺や内山永久寺は隆盛を誇りました。特に内山永久寺は12世紀に鳥羽院の御願によって開基されたと伝えられる大寺院で、多くの諸堂塔の他、幾つもの谷に坊舍があり、「西の日光」と言われるほどに栄えました。
 その後、南北朝以降になると全国的に武士が台頭し、寺社領を支配下に収めていきます。市域では十市氏、豊田氏、福住氏、山田氏、苣原氏、仁興氏、藤井氏などの武士がいました。これらの武士は大小の山城を構え、守りとしましたが、さらに小さな武士集団は、集落を掘や土塁で囲んで守りとしました。萱生町、竹之内町、別所町などでその名残を見ることができます。





 中世の争乱も織田信長と豊臣秀吉の天下統一により、収束し、近世を迎えます。大和は織田信長を後ろ盾とした筒井順慶の元に統一され、その後、豊臣秀長が郡山城主となりますが、豊臣氏の没落と共に徳川方の勢力圏となります。

 しかし、大和の所領は複雑で天領、大名領、社寺の朱印地などが入り乱れ、明治時代まで大和が一つにまとまることはありませんでした。市内も例外ではなく、一村が二分されて領主が異なる「入組地」も存在しました。
 文化年間(1804~1817年)の記録には所領の数、25ヶ所とあります。主な所領としては、柳本藩、津の藤堂藩、東大寺領などです。

 柳本藩は石高一万石で、藩祖は織田尚長です。尚長の父は織田信長の弟、織田源吾長益(有楽斎)で、尚長は五男にあたります。藩に城はなく、二町四方の柳本陣屋を政庁とし、明治時代まで治めました。

 この時代、市内で中心として栄えた集落は、桜井と奈良を結ぶ上街道沿いの櫟本村と丹波市(たんばいち)村、柳本村の三村が挙げられます。






 明治維新を迎えると、割拠されていた大和が一つにまとまっていきます。明治4年の廃藩置県により、それまでの所領は廃止され、市内は柳生県、柳本県、柴村県、津県もしくはその一部にまとめられます。

 その後、奈良県が設けられますが、堺県、大阪府に編入され、明治20年に奈良県が再設置されて、今日の姿に至ります。

 また、明治初期の廃仏毀釈により、「大和の日光」といわれた内山永久寺をはじめとして、市内の多くの寺院が廃寺となり、多くの貴重な文化財が散逸してしまいました。

 本市の前身は明治21年の「町村制」により誕生した7村が基盤です。明治26年には、山辺村、櫟本村、柳本村の3村が町制を敷き(山辺村はその後、丹波市町と改称)、地域の中核となります。

 そして、昭和29年、6ヶ町村が合併して「天理市」が誕生しました。

 市の名称は、天保9年に三島町で始まった天理教に由来しますが、参拝者の増加にともない市街地も拡大していき、今日の景観となっています。










 以上、大まかな天理の歴史をご紹介しました。現在の天理市は西名阪自動車道、名阪国道、京奈和自動車道、JR、近鉄など、交通の便に恵まれた地に立地します。
 大阪へ鉄道で約1時間の距離でありながら、大和青垣国定公園に含まれ、山の辺の道を中心に万葉のロマンに触れることのできる場所でもあります。

 多くの皆さんに天理へ訪れていただき、心に残る発見をしていただければ幸いです。