天理観光ガイド・天理市観光協会
  • 01

    龍王山から望む大和三山

  • 02

    凍てつく桃尾の滝

  • 03

    石上神宮・境内

  • 04

    山の辺の道・道祖神

  • 05

    普光山永照寺・雨の婆羅門杉

  • 06

    市の木・銀杏

  • 07

    大和神社・お弓始め祭

  • 08

    黒塚古墳・柳灯会

いにしえの里、天理。
ホーム ホーム  > 奈良町・江戸時代の「観光都市」を巡る 10/19~11...
大阪や京都から1時間。
こんな身近に古代の旧跡が、往時のままに息づいています。
太古の人々に思いを馳せ、ゆったりと散策してみませんか。
いつの間にか時を忘れて、いにしえの世界へ。
都会の喧騒の中、見失ってしまっていた、
大切な何かが見つかるかもしれません。
  • 09月02日
    大和神社「紅しで踊り」9/23

    江戸時代、雨乞い成就の感謝の気持ちを踊りで奉納された、天理市無形文化財に指定されている伝統の民族芸能

  • 08月27日
    和爾氏ゆかりの地をめぐる 9/21

    ガイドとめぐる・てんりウォークの第2回は、謎の豪族「和爾氏」ゆかりの地、和爾下神社古墳の上に建つ「和爾下神社」…

  • 08月27日
    山の辺のあかり「第16回 柳灯会」9/14・15

    やさしいろうそくの灯りにともされた「黒塚古墳」周辺で、弦楽器などの演奏が披露されます。時間とともに移り変わる光のファンタジーをお楽しみください。

  • 08月07日
    第1回「ワニ氏と葛城氏の本拠地」9/14

    『歴史ウォーク~バスで訪ねる文化遺産~「大和の中のヤマト」』第1回は、古代豪族ワニ氏と葛城氏の「ふるさと」を専門家とともに巡ります。受付終了 8/21AM9:00

トピックス 

 

令和元年度
ガイドとめぐる・てんりウォーク

天理市山の辺の道ボランティアガイドの会が主催する人気の「ガイドとめぐる・てんりウォーク」令和元年度の第1回が6月1日(土)に行われました。
第1回は、「大和古墳群の地をめぐる」として、国史跡に指定されている大和古墳群(ノムギ古墳、下池山古墳、中山大塚古墳)をはじめ、大和神社などの周辺を散策。多くの方にご参加いただきました。

第2回(9月ごろ)は、詳細が決まり次第ご案内します。

「ヤマト・天理の歴史文化をめぐる」
プロジェクトのご案内

天理の博物館「天理参考館」が市と共働して、8月からワークショップ、連続講座、歴史ウォークを開催します。

ワークショップ「駅前出前博物館」
200円、第3回のみ無料
連続講座「ヤマトの歴史絵巻」
無料・定員100名・先着順
「歴史ウォーク」
1000円・専門家講師とバスで現地をめぐるツアー

詳しくは、以下から。

 

天理のすごいところを発見!
てんり&山の辺の道フォトコンテスト
天理市観光協会主催

 

天理市観光協会のご案内

 

ページの先頭へ