ホーム ホーム  > 観光協会について

観光協会について

設 立

 天理市観光協会(以下、協会と略します)は、天理市内の観光事業の健全な発展に寄与し、市民の福利増進に資することを目的として、昭和32年(1957年)に設立されました。

事 業

 協会は、目的達成のために、
(1)観光資源の保存と開発、
(2)観光施設の整備、
(3)観光宣言、
(4)観光客誘致のための事業、
(5)その他観光事業の振興に関すること
を行っています。

会 員

 協会の会員は、正会員と賛助会員から成ります。正会員は、協会の目的に賛同する人や観光事業に関係のある団体で構成され、協会の目的達成のために活動します。賛助会員は、協会の目的に賛同する個人や団体で、協会が行う事業にお力添えをいただいています。

入 会

 正会員・賛助会員として入会を希望される方や団体は、入会申込書を協会にご提出下さい。役員会の承認を経た上でご連絡させていただきます。

事務局:〒632-0016 奈良県天理市川原城町249-1
〔天理市産業振興館〕
TEL・FAX/0743-63-1242

会 費

 正会員の会費は、年額 3,000円です。賛助会員の会費は口数制で、1口 10,000円です。賛助会員は何口申し込まれても構いません。

運 営

 協会には次の役員が選任され、運営にあたっています。
 (1)理事 30名以内(会長:1名、副会長:2名、専務理事:1名、会計理事1名)
 (2)監事 2名
 (3)参与 若干名

 主催行事

 「天理の桜:ライトアップ」、「桃尾の滝開き」(毎年7月の第三日曜日に開催)、「てんり&山の辺の道フォトコンテスト・観光写真展」(隔年開催)、歴史ウォーク『大和の中のヤマト』などの他、観光に関わる諸行事の主催や協賛、講演を行っています。

ページの先頭へ